THE ニードル脱毛 DIARIES

The ニードル脱毛 Diaries

The ニードル脱毛 Diaries

Blog Article

針の先端が絶縁体でカバーされているので、電流が肌に触れることがなく、毛根だけに熱を与えるため肌トラブルのリスクが少なく済みます。

1)肌に触れる金属製のもの(ピアス、指輪、ネックレスなど)はすべて外していただきます。

ということは、毛根にメラニン色素がないと脱毛ができないということになります。産毛は毛の色素が薄いので、毛根にメラニン色素が少ないので、なかなか脱毛が難しいのです。

サロンを選ぶ際には電気脱毛士の資格を持っているかも確認するといいでしょう。

この時点からニードル脱毛を選ぶと、いくら脱毛効果が確実であってもとても高額な費用が必要となります。

当院では、針脱毛の原理から、メリット・デメリットまでカウンセリングで詳しく説明し、おおよその費用をお見積もりしています。その際、勧誘やおしつけは一切ありません。

クリニックの中にはコース終了後一部の毛が残った場合を想定して、スポット照射(ワンショット照射)プランが用意されているところがあります。

脱毛したい部位によって体の形状が違うため、平らで広い背中やお腹には大きなハンドピース、凹凸が多く細かな作業が必要な顔や指先、Vラインなどは小さなハンドピースを使用しているんですね。

ニードル脱毛は一度の施術でほぼムダ毛は生えなくなります。同じ部位を何度も脱毛するのは面倒だと感じる方にはぴったりの脱毛方式です。

ニードル脱毛は、痛みが心配な人も多いですよね。確かに、ニードル脱毛は、痛いです。レーザー脱毛よりも痛みが強いです。毛穴に針を刺して電流を流すのですから、痛みがあるのは仕方がありません。

光脱毛やレーザー脱毛は眉や乳輪は対応不可です。しかし、眉周辺や乳輪はムダ毛が気になる部位です。全身の脱毛を終えている方でも眉や乳輪だけはセルフケアをしている方が多いのでは? ニードル脱毛 そんなときに役立つのがニードル脱毛です。ニードル脱毛は光を照射するわけではないので、光やレーザーをあてることができない眉毛の周りや乳輪も脱毛できます。

女性のVライン上部に生えている白髪以外の「陰部の針脱毛」は行っておりません。

ニードル脱毛でもレーザー脱毛でも、ムダ毛の一番奥にある毛乳頭を破壊するという目的は同じです。

筆者は医療脱毛を選択しているのですが、医療脱毛でも涙がツーっと流れてくるくらい相当な痛みを感じます。それよりも痛いのは正直耐えられないかもですね、、、。

Report this page